キャビテーションと副作用について

脂肪を乳化させ、体外に排出しやすい状態を作っていく痩身の施術、キャビテーションは、安全性が高く、体への負担が少ない施術としても知られています。
ですが、いくつかの副作用が考えられる施術でもあります。

キャビテーションの施術の副作用として、有名なもののひとつに、音があります。
体に超音波を照射する事で、骨が振動し、それが骨伝導で、頭に伝わり、耳の奥で金属音が続くという人がいます。
ただ、これは、キャビテーションの施術の効果がある証拠であり、しばらくすると収まります。

更に、キャビテーションの施術を行うと、乳化した脂肪が、血液やリンパによって肝臓に送り込まれます。
肝臓は、脂肪を分解し体外に排出していく事になるのですが、普段よりも多くの脂肪の分解をする必要がある為、肝臓に大きな負担がかかる事になります。
ですから、施術後しばらくは、肝臓に負担がかかりやすいアルコールの摂取等は控えておく事がお勧めです。

どちらも施術後、時間が経てば、落ち着くものですが、キャビテーションの施術後は、多少、体に影響がある可能性を意識しておく事が大切です。
自分に合った施術をして理想のプロポーションになるには人気の痩身エステまとめサイトなどを活用して、いろいろなサロンを知っておくといいでしょう。
少しでも施術に不安がある場合、カウンセリングでしっかりと不安点を解消しておく事も大切です。