敏感肌の人には便秘が多い

敏感肌の人は、お肌がデリケートなだけではなく、身体のあちこちに不調を抱えている人が少なくありません。お肌だけではなく、そもそも身体のつくりが繊細なので、ちょっとした刺激などにも、身体が大げさに反応してしまうためです。

しかし、これらの症状は、必ずしも悪いことばかりとは限りません。身体が敏感だということは、それだけ身体のトラブルを見つけやすいということです。ですから、敏感肌の人は、健康な人以上に長生きすることが多いのです。健康な人は、身体の不調にも気づかずに無理を重ねてしまうために、病院に行く頃にはかなり症状が深刻になっている、というケースが良く見受けられます。

身体の調子が悪くなると、頭痛や吐き気、発熱やくしゃみ、せきなど、いろいろな症状が出てきます。これらは、身体が休息を必要としているサインです。このようなサインが出たら、見過ごさずにゆっくりと休むようにしましょう。

また、敏感肌の人によく見られる不調のサインは便秘です。とくに、デリケートな人こそ、ちょっとしたストレスや環境の変化等で、便秘になりやすいので、普段から食物繊維の多い食べ物を食べてお通じをよくするようにしましょう。便秘が治るだけで、肌の調子も随分改善されるものです。