脇脱毛のジェルは何のために使うの?

脇脱毛にはいくつか方法がありますが、現在の主流と言ってもいいのは光を使った光脱毛でしょう。
その光脱毛の中でも、使う機器によってはジェルを使うタイプのものと使わないタイプのものがあります。
サロンで行う脇脱毛の場合は大体ジェルが使われますが、このジェルの役割は具体的にどんなものなのでしょうか?

まず光脱毛の仕組みですが、光を脇に当てると光がメラニンに反応し、毛根にダメージを与えることで毛を生えにくくします。
この光を当てる時に、肌にも多少の熱が伝わってしまいます。これによって起こる肌トラブルを防ぐために、肌を冷却することが必要になります。
この冷却をするためのものとして、ジェルが使われているというわけです。脇をしっかりと冷却することはトラブルの防止のほかに、痛みの軽減にも役立ちます。
また、サロンで使われているジェルには保湿効果もあり、脱毛後の敏感なお肌を守ってくれるという効果もあります。

中にはジェルを使わなくていいタイプの脱毛機器もありますが、光脱毛であればなるべくジェルは使った方が良いでしょう。
今はジェル代を別途で請求するようなサロンはほとんどありませんので、ジェルを使ってしっかり冷却と保湿をしてくれるサロンを選ぶのが安心です。
ただ、ジェルを使用しないサロンは冷却を全くしないのかというとそういうことではなく、代わりに保冷材のようなもので冷却を行います。

光脱毛はお肌に負担の少ない脱毛方法ですが、まったく負担がないわけではありませんので、赤みが出てしまったりすることもあります。どのサロンがしっかり対応しているか確認するのもいいかもしれません。
とはいえ、しっかりと冷却・保湿をしてくれるサロンを選んでも、トラブルが起こらないとは限りませんので、何か違和感を感じた時にはすぐにスタッフさんに相談しましょう。